全ては頼らない


man using a laptop to work

名前というのは一生自分が使用するものです。履歴書を書く、申請をする、契約をする、テストをする…こうしたシーンで一生同じ名前を記載することとなります。
しかし、名前が変わることもあります。それは結婚や養子に入るという場合です。こうすることで姓は変わります。姓が変わることで、当然漢字や画数が変わります。そうなれば占いの結果も当然変化があります。
占いだけでみても人生の変化がありますが、結婚や養子に入るということは人生の中でも大きな転機となります。
もちろん、名前が変わって良い方向へ変わる方もいればその反対の方も居ます。ただ、結婚をする相手の姓で診断をすると悪い結果になった…という場合でも結婚を諦める必要はありません。姓名判断は当たる占いではありますが、占いに全てを頼るのはよくありません。

姓名判断では、よい漢字と悪い漢字、良い画数と悪い画数などがあります。しかし、絶対に幸せになるというような完璧な名前はありません。縁起が良い名前であっても変わった名前になれば子供は喜びませんし、周囲の人から良い目で見られない可能性があります。そうなれば、いくら姓名判断的によい名前でも幸せをつかむことはできないでしょう。

自分の子供に占いで良い名前をつけてあげたいという気持ちは大切ですが、呼びやすさや気に入ってくれるかどうかも考慮して名付けることが重要です。